りんごのうえん

世の中のあれこれ、身の回りの出来事などについて、好き勝手書きます。

新シャンプーと共に

新しいシャンプー、香りが良くて良い気分である。

基本的に風呂が面倒なクラスタなので、少しでも風呂に入るためのプラスのインセンティブが欲しく、そのために“洗い心地と香りが好みなシャンプー・ボディソープ”は必要不可欠である。

今回買ってみたのは、花王のピュアンという商品。DSでたくさん並べられていて、パッケージが可愛くて気になっていて、買い換えのタイミングで香りサンプルを嗅いでみたら香りが気に入って買ってみた。シトラス&ジャスミンだったかな、香り。
しかしこれ、メリットのブランドから出ているのね。むかしメリットを使ったら痒みとフケが出て「これじゃメリットでなくデメリットだ!」となったことを思い出し、若干不安になったが、まあ25年くらい前のことなので、今はさすがに技術が進歩していると思いたい。信じてみよう。

 

しかしすっかり香りの好みが変わった。

以前は濃厚なのが好きだったが、今は「甘ったるい」と感じるようになった。ベリー系とか好きだったのが、今日仕入れたボディソープ/コンディショナー/ボディミルク/ヘアスタイリング剤は全てシトラス系。

香りの好みが変わったのは、煙草をやめた影響だろうか。

しかしヘアケア商品とかめっちゃジェンダー化されていて気持ち悪い。別にヘアケアに男性も女性も関係なくないか?香りも女性用は甘ったるく、男性用は“男くさ”い。せめてもう少し、香水でいうところの“ユニセックス”があっても良いんじゃないかと思う。

 

あー、寒くなってきて、暖房を入れる日が多くなったけど、昨年光熱費が恐ろしいことになったので、暖房を付けるのが怖い。しかし談を取らないとメンタルもフィジカルもやられる。

金が欲しい。

健康でないと生活に金がかかるが、健康でないと稼ぎにくい社会である。で、それを批判すると「年金があるだろ」とか「国から金貰っといて/税金で食わせてもらっておきながら文句言うな」とか「贅沢」とか「自己責任」とか「氏ね」とか言われて、めっちゃ世知辛い、生きづらい。

しかしシャンプーの香りがすごく気に入ったので、何とか生き延びる理由がまた一つできた。

シャンプー、良い香り。

 

手帳

来年もロルバンの手帳を使おうと思った。

近々、買いに行きたい。

とても使いやすいし、デザインがシンプルで良い。

“がんばってる”って、誰が決めるの?

金儲けに結び付かない頑張りは評価されづらい。

生きるために頑張りが必要で、そこで疲れるので、金儲けにまで使う労力が無いのだが。

“みんなが出来て当たり前のこと”をこなすのに努力が必要な人生はつらいぞ。

自己責任を押し付けてくるな。政府とか、組織になって権力があればあるほど無責任になるのに。個人、それも貧困とか弱者とか、力が弱くなればなるほどバッシングされ、社会構造の矛盾など全ての責任を押し付けられるこの理不尽さ。

冷笑系がネットだけではなくリアルでも蔓延る空気にウンザリだ。

「貧困が嫌なら富裕層になれるように働けばいい」は、社会構造や個人の限界を無視した“お花畑”であり、「社会に不満を言っても何も変わらない」は次世代へより良い社会を継承する・社会をより良くするといった大人の責任を放棄する“無責任”であり、冷笑全般、現状追認でなあなあに済ます“甘え”だとも言える。

社会は放っておいたら権力のある方に有利に傾くので、反体制の考え方は常に必要である。

社会を動かすにも経済分野、思想分野、市井での草の根など色々とフィールドがあるのに、“経済を動かすこと”のみが重要視されている日本の現況はおかしいと思う。

 

たばこ依存の恐ろしさ

タバコへの依存…根深い。

タバコをやめて半年が経つ。しかし未だに余裕で吸いたい。何なら今も吸いたくて、それを紛らすためにブログを書いているようなもんだ。

禁煙半年経っても全然吸いたくなる、それが恐ろしいなと思う。

 いまだに2週間に一回は、煙草を吸う夢も見る。夢を見て寝起きに、恐ろしさに震える。

だってもうニコチンは完全に抜けているはずで、今の喫煙欲求はニコチンではなく習慣依存、行為依存。

 

ニコチンという依存性の高い薬物を摂取するというだけでヤバいのに、行為や習慣まで依存性が高い、それがタバコの恐ろしさである!
百害あって一利無し、周囲にも迷惑かけまくる、やめるのはとても大変。こんなドラッグがカジュアルに売られていて、公共の場でも吸う場所が確保されているのがヤバいと思う。

 

とりあえず今は、吸いたくなったら「ここまで続けたから今吸ったらもったいない」「今吸ったらまたタバコに支配される生活に逆戻り」「タバコ吸ったら、呼吸器がつらくなるし」「煙まみれで臭くなるし」「煙にまみれたくないよなあ」などと、吸ったあとのデメリットを考えると、吸いたい気持ちもおさまる。


ニコチンに支配されていないから冷静に立ち止まって考えられるのだ。これがニコチンに支配されていたら、デメリットを考えるよりまず先に「目先の、ほんの一瞬の快楽らしきもの」を優先してしまうのだ。

 

ニコチンの依存に関しては禁煙外来でチャンピックスを処方してもらったのだが、保険適用でチャンピックス処方の治療ができるのは一年に一回まで。つまり、今またタバコを吸ってしまっても、あと半年は治療ができない。

今吸ったらまたニコチン依存に陥り、吸い続けるだけだろう。半年後に治療を開始しても、多分副作用に悩まされる。吐き気の副作用が酷かったのだ。

 制吐剤で吐き気を堪え、どうにかして続いているのだから またタバコを吸う生活には戻りたくない。

 

とはいえ、万が一吸ってしまったとしても、それはよくあることなので自分を責めすぎないようにしたい。そこで自分を責めすぎると自己肯定感が下がり、ヤケになってしまうから。

吸わないのが一番。そのためにタバコが身近な環境(喫煙可の飲食店や煙草店など)はできるだけ避けたい。

窓よ閉まれ、閉まってください。

換気のために窓を開けたら閉まらなくなった。
ボロ建築なので、立て付けが悪くなっているのではないか。
今の時期、隙間風が入り込んで辛つらい。

ブログに書きたいネタをあれこれと、メモ程度に下書き保存してあるのが増えている。

きちんと文章にして公開したいのだが、PCに向き合ってばかりもいられないので、時間を作りたい。