りんごのうえん

世の中のあれこれ、身の回りの出来事などについて、好き勝手書きます。

水商売哀歌/哀しきシャンパーヌ

水商売は、一にも二にも抜き物だ。

抜き物-それはワインやシャンパンといった、開けたら飲みきる酒のことだ。

栓を開けることから抜き物、と呼ばれたのであろう。

この抜き物、飲み切りでキープ出来ないために、水商売の店では短期売上増要員として非常に重宝される。

店のイベントで抜き物、ホステスにシュワシュワが飲みたいと言われ抜き物、ホストに売上に貢献しろと言われて抜き物だ。

ちなみにホストクラブでは、リシャールといったお高いブランデーも短期売上増員として徴兵される。

もはや抜き物が金になっているのだ。

 

ワインやシャンパンを作っている人たちは、まさか自分たちの作ったお酒が日本では金のように扱われ、大半は味わうこともなく消費されているなどと思うまい。

味わって飲むもののはずが、金に換わる物として、大量に消費されているのだ。

ワイン農家や酒造者の人が聞いたら泣くのではないか。

ホストクラブでなんか、ビンダといって、シャンパンの瓶ごと一気飲みするらしい。

そんな飲み方は、本来は想定されていないはずだ。

 

いくら酒が好きな者でも、毎日のように売上のためにワインやシャンパンを飲んでいたら、嫌にならないだろうか。

もうバブルもとっくにはじけたことだし、こんなアホな飲み方そろそろ止めないか。

シャンメリーなんてどうだろうか。アルコールを大量にガブ飲みするのは危ないから。